副作用の乗り越え方|免役細胞療法は最先端のがん治療!だから注目されている
Immunity

これで副作用が軽減!がん治療の助けとなる副作用軽減の仕方

副作用の乗り越え方

患者

軽減できるまでになっている

がん治療に使われる抗がん剤の種類は沢山あります。この中から患者に合うものをチョイスし、治療へ役立てていきます。また、抗がん剤治療による副作用は薬のタイプで症状の出方に差があります。よくあるのは脱毛、吐き気、倦怠感、貧血、便秘と下痢、感染症、口内炎などでしょうか。しかし抗がん剤の副作用は適切な対処によって軽減可能となっています。

副作用を軽減させる薬を処方されることがある

抗がん剤で出た様々な副作用に合う薬を病院側が処方することもあります。例えば、嘔吐や吐き気の場合これを止める制吐剤を処方します。貧血の場合は白血球を作る機能を強くする刺激する薬が出されます。下痢や便秘は整腸剤と点滴で様子をみます。一方、脱毛は特に処方できる薬がないので自然に生えるのを待つのみです。大抵の場合、抗がん剤治療が終わるころにはフサフサになりますから心配いりません。

副作用が和らぐ方法ベスト3

no.1

お茶やティーを飲む人が多い

精神を安定させたり、デトックス効果が期待できたりなどお茶やティーはがん治療に大変役立つ飲み物です。また、味も優しいので倦怠感や吐き気を軽減させることも容易です。中でもゆず茶は抗がん剤用が働く上に美肌効果が期待できますから女性の患者からよく飲まれています。

no.2

多くの患者に役立った湯たんぽ

抗がん剤治療を開始した後に体が冷えることが何度もあります。その影響で体がだるくなったりお腹が冷えたことで便秘になったりなど大変でしょう。そういう時に助かるのが体を部分的に温める湯たんぽです。足に使うと次第に全身がポカポカしてくるので、冷えを予防するのにうってつけです。

no.3

食べ物に気を付けている

がん治療の最中は、物が食べられない程苦しくなることもあるため、柑橘系や野菜がたっぷり入ったスープなどお腹に優しい物を胃の中に入れるといいでしょう。体が元気になれば、外食も可能となります。治療開始直後病院側も体調を考えてメニューを考えてくれます。

広告募集中