早期発見が命づな|免役細胞療法は最先端のがん治療!だから注目されている
Immunity

何故何故早期発見が重要なの?乳がんを早く見つけるメリットとは

早期発見が命づな

診察

主な症状

乳がんが見つかるきっかけで多いのが検診で使われるマンモグラフィーと触診です。パートナーや自分で触った時にしこりを発見することも少なくなく、詳しい検査が必要となります。主にみられるしこりの場所は、乳房付近です。進行すると腫瘍が大きく成長し、触るだけで違和感を覚えます。このような状態だとステージはかかり進んでいると思って間違いないでしょう。ただ腫瘍に中には良性というケースもよくあるのですべての腫瘍ががんだとは一概に言えません。さらに乳がんが皮膚に到達すると窪みが生じたり赤くなったりします。目ではっきりとわかる異変は、早急に医師に診せるべきです。

しびれが発生することがある

乳房の周りには沢山のリンパが流れていますが、放置されたがん細胞がそこに転移して全身に広がることがあります。こうなると、脇の下にしこりができたりリンパ液の流れが滞ったりする乳房のむくみや腕全体がしびれたようになります。

定期健診が必要なワケ

安心感がある

しこりを確認すると多くの人が不安にかられるものです。今や乳がんだった過去を次々と公表する芸能人が増えたため、しこりがあるだけで乳がんかもと意識するものです。しかし、意識するだけで病院に行かない人も多くいます。理由としては時間がないこと、そして結果を知るのが怖いことが挙げられます。少なくとも、検診を受ければしこりの正体がわかるので安心に繋がるのは間違いないでしょう。

早期治療に臨める

乳がんだったからと言って落ち込むのはまだ早いです。ステージがあまり進んでいない状態なら、外科手術と他の治療を組み合わせることで乳がんを克服できるチャンスが巡ってきます。検診の目的は早期発見ですから、深刻な状態にさせないためにも積極的に受けるべきでしょう。

正確な結果がわかる

近年の乳がん検診は、特別な検査機を利用して行なうので、がん細胞を見逃すことなくしっかり見つけることが可能となります。また、高精度の機械なら触診で見当たらない小さい腫瘍も見逃さずキャッチできるでしょう。特に乳がんを主に扱う病院は、検査機にも力を入れているようです。

40歳以上の方に絶大な効果をもたらす

しこりを見つける天才であるマンモグラフィは、40歳以上の人が患う乳がんの死亡率を下げることに特化しています。あるデータでは、マンモグラフィを導入した頃から死亡率が明らかに減っている事がわかっており、発症リスクが非常に高くなる40代女性に対して有効だと囁かれています。

広告募集中